2010年04月30日

ドリームガールズ


ドリームガールズ.jpg


【ドリームガールズ Dreamgirls(2007)】

アメリカのアイドルオーディション『アメリカンアイドル』で一躍有名になったジェニファー・ハドソンや、歌手のビヨンセ・ノウルズが主演の映画で、ミュージカルの『ドリームガールズ』が原作。


キャストは『Ray/レイ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したジェイミー・フォックス、『アメリカンアイドル』で一躍有名になったジェニファー・ハドソン、デスティニーズ・チャイルドのビヨンセ・ノウルズ、『ナッティ・プロフェッサー』などの映画で有名なコメディスターのエディ・マーフィ、『リーサル・ウェポン』シリーズのダニー・グローヴァー、『プリンセスと魔法のキス』で声の主演を務めるアニカ・ノニ・ローズなど。


監督は『愛についてのキンゼイ・レポート』を手がけたビル・コンドン。



<ストーリー>
「1962年。デトロイトのヴォーカルトリオ「ドリーメッツ」は音楽業界に打って出ようとしている野心家・カーティス(ジェイミー・フォックス)にスカウトされた。彼女たちはソウル界のローカルスター、ジミー・アーリー(エディ・マーフィ)のバックコーラスとしてツアーに参加するようになる。だが一番の歌唱力を誇るエフィー(ジェニファー・ハドソン)はいつまでも脇役でいることに不満だった。マネージャーのマーティー(ダニー・グローヴァー)を追い出したカーティスはドリーメッツを独立させて売り出そうとする。その名も「ザ・ドリームズ」として。ようやくリードシンガーになれると思ったエフィーだが、カーティスはディーナ(ビヨンセ・ノウルズ)をリードにする決断を下した。・・・」
(goo映画より)



黒人のレコード・レーベル、モータウンの伝説的な黒人女性グループスプリームスのメンバー、ダイアナ・ロス、メアリー・ウィルソン、フローレンス・バラードがモデルというこの映画、『ドリームガールズ』ですが、彼女たちを演じる女優さんたちも一流!

でも、映画の中盤まではエディ・マーフィが演じるジミーやジェイミー・フォックス演じるカーティスの方がメインな感じでした。

まあ、全体的に歌が中心なので、ミュージカル系が好きな人は絶対はまるはず!

そして歌はけっこう鳥肌モノです。


ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]


評価:★★★★★

posted by ジュン at 20:01 | Comment(5) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

許されざる者


許されざる者.jpg



【許されざる者 Unforgiven(1992)】


92年度アカデミー賞最優秀作品賞、監督賞などを受賞した『許されざる者』は、クリント・イーストウッドやジーン・ハックマン、モーガン・フリーマンなどのベテラン俳優が素晴らしい演技を披露しています。


キャストは『ミリオンダラー・ベイビー』でアカデミー賞作品賞と監督賞を受賞したクリント・イーストウッド、『ニューオーリンズ・トライアル』のジーン・ハックマン、『ミリオンダラー・ベイビー』でアカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞したモーガン・フリーマン、そして『ハリー・ポッター』1作目、2作目でダンブルドア校長を演じたリチャード・ハリスなど。


監督は、主演も務めたクリント・イーストウッド。



<ストーリー>
「1880年、ワイオミング。列車強盗や殺人で悪名を轟かせていたウィリアム・マニー(クリント・イーストウッド)は、今では銃を捨て2人の子供と農場を営みながら密かに暮らしていた。しかし家畜や作物は順調に育たす、3年前に妻にも先立たれ苦しい生活だった。そんなマニーのもとにスコフィールド・キッド (ジェームス・ウールヴェット)という若いガンマンが訪ねてくる。彼は娼婦フィッツジェラルド(アンナ・トムソン)に重傷を負わせた2人のカウボーイを倒して、一千ドルの賞金を得ようとして考えていた。一緒に組もうと誘われたマニーは11年ぶりに銃を手にする。マニーのかつての相棒ネッド・ローガン(モーガン・フリーマン)が同行することになり、3人は町へ向かった。・・・」



そんなに面白くない雰囲気の映画の始まりでしたが、徐々にはまっていきました。

特にジーン・ハックマンの暴力保安官ぶりはすごいです。観ててちょっと腹がたつぐらいの演技です。

また、クリント・イーストウッドやモーガン・フリーマンのガンマンぶりがかっこいいです!


全体的にはダークな感じで、度派手なアクションがあるわけではないですが、やはり賞をいくつも取っているだけあって、最後まで楽しめます。

というか、ラストはあまり好きではないですが・・・。



ちなみにジーン・ハックマンはこの『許されざる者』でアカデミー賞助演男優賞を獲得してます。


許されざる者 [DVD]


評価:★★★★★

posted by ジュン at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクション・アドベンチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

トレーニングデイ


トレーニングデイ.jpg


【トレーニングデイ Training Day(2001)】

デンゼル・ワシントンが悪徳刑事を演じて話題になり、アカデミー賞主演男優賞を受賞した『トレーニング・デイ』。そして共演したイーサン・ホークも人気に!


キャストは『アメリカン・ギャングスター』のデンゼル・ワシントン、『テイキング・ライブス』のイーサン・ホーク。

監督は『ザ・シューター/極大射程』のアントワーン・フークア。



<ストーリー>
「ロサンゼルス市警の麻薬取締課に配属となった新人刑事ジェイクは、ベテラン刑事のアロンソとコンビを組み、麻薬捜査のいろはを教え込まれる。数々の大事件を解決し、麻薬に絡むあらゆることを熟知しているカリスマ刑事アロンソは、ジェイクの手本であり憧れの存在。「かよわい子羊でいるのか。獰猛な狼になるのか。それを選べ」と忠告するアロンソは、犯罪摘発のためにはいともたやすく自ら法を犯す。・・・」
(goo映画より)



よくありがちな新人とベテランコンビのバディムービーのように思いますが、内容は全然違います。

こういうのはコメディタッチのものが多いですが、この『トレーニング・デイ』はダークな内容です。しかもデンゼル・ワシントンは犯人を捕まえるためには法を平気で破るような悪徳刑事。

いままでのデンゼル・ワシントンとは違ったイメージでかなり楽しめます。


ラストも衝撃的。

全体を通していい映画に仕上がってます!


トレーニング デイ 特別版 [DVD]


評価:★★★★★

posted by ジュン at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンスアクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

悪魔を憐れむ歌


悪魔を憐れむ歌.jpg



【悪魔を憐れむ歌 Fallen(1997)】


デンゼル・ワシントンが目に見えない恐怖を追うサイコ・サスペンスホラー映画、それがこの『悪魔を憐れむ歌』。はたして彼は事件を解決出来るのか?


キャストは、『トレーニング・デイ』のデンゼル・ワシントン、『スピード・レーサー』のジョン・グッドマン、『ATOM』で声優出演しているドナルド・サザーランド、そして『シャッター アイランド』のイライアス・コティーズなど。


監督は、『ジャスティス』を手がけたグレゴリー・ホブリット。



<ストーリー>
「敏腕刑事のジョン・ホブス(デンゼル・ワシントン)は、自身が逮捕した連続殺人犯リース(エリアス・コーティアス)に呼び出され、処刑に立ち合う。意味不明な呪文を唱え、彼の手を握った後、「俺は戻ってくる」と不気味な言葉を残してリースは死んだ。だが、その直後から、犯行現場に謎のメッセージを残す、リースと同じ手口の連続殺人が続発。捜査が進むうち、名刑事でありながら殺人容疑をかけられ、謎の死を遂げたロバート・ミラノ警部補の名前が浮かぶ。ホブスは真相を知るべくミラノの娘で神学教授であるグレタ(エンベス・デイヴィディッツ)に会うが、・・・」



刑事ものの謎解きと思いきや、内容的にはホラーです。

といっても、『13日の金曜日』のようなホラーではなく、じわじわ襲ってくる恐怖のホラーかな?

内容的には、スーパーナチュラルなので、多くの点で矛盾は多いですが、そこは目をつぶれば結構楽しめます。


ちなみに、ローリング・ストーンの「Time is on My Side」がこの映画のキーでもあります。


ラストは衝撃的展開が待ち受けています!!


悪魔を憐れむ歌 [DVD]


評価:★★★★☆

posted by ジュン at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

そのときは彼によろしく


そのときは彼によろしく.jpg



【そのときは彼によろしく(2007)】


かつての幼馴染が大人になって再び再会し、再び運命の歯車が動き始めるラブストーリー。長澤まさみの魅力が詰まった作品でもあります。


キャストは、『涙そうそう』の長澤まさみ、『手紙』の山田孝之、『木更津キャッツアイ』シリーズの塚本高史。

ほかに、『感染列島』の国仲涼子、『花のあと』の北川景子、また和久井映見や小日向文世なども出演。


監督は、『ROOKIES〜卒業〜』の監督平川雄一朗。



<ストーリー>
「かつて、滝川花梨・遠山智史・五十嵐佑司の三人は、小さな湖畔の廃バスを秘密基地に遊びまわっていた。水草が大好きだった智史は水草屋の店長になることが夢で、絵が得意だった佑司は画家、両親の顔も知らない花梨は智史と佑司の夢に寄り添うように水草屋の看板娘と画家のモデルになることが夢だと言って、将来を誓い合っていた。それぞれの事情で離れ離れになった13年後。幼なじみと誓い合った夢だったアクアプランツ(水草)の店・トラッシュを開店した智史(山田孝之)のもとに、ある日突然、トップモデルの森川鈴音(長澤まさみ)がやってくる。・・・」



長澤まさみの、少し大人になった感じが見れる作品になってます。

幼いイメージから、大人な長澤まさみに変化した感じです。


内容的には恋愛映画ですが、過去の幼馴染の内容も絡んでくるので、ノスタルジックな感じも味わえます。

ただ、話が進んでいくと、ただたんの恋愛映画というよりは、複雑な感じになってきます。


ラストは好き嫌い分かれるかもしれませんが、個人的には好きです。



そのときは彼によろしく スタンダード・エディション [DVD]


評価:★★★★☆

posted by ジュン at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(1) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。