2009年02月26日

ヴェニスの商人

ヴェニスの商人.jpg


【ヴェニスの商人】

16世紀に活躍したあまりにも有名な劇作家、
シェークスピアの『ヴェニスの商人』の映画版は
アル・パチーノがユダヤ人シャイロックを熱演!


アントニオ役には、『キングダム・オブ・ヘブン 』に
出演していたジェレミー・アイアンズ。

バサーニオ役には、『恋におちたシェイクスピア 』で
主演をつとめたジョセフ・ファインズ。

監督は、マイケル・ラドフォード。


内容的には基本的に原作と変わりはないですが、
シャイロック(アル・パチーノ)よりの視点で
描かれていることが多く、より人々の心情の変化に
重点を置いているようです。


しかし、内容が分かっているにもかかわらず、
ラストのクライマックスの場面などは、どうなるのか
ドキドキしながら観ている自分がいました。

それほど俳優陣の演技が素晴らしかったということかな?

また、アル・パチーノの存在感はやっぱり
光ってましたね。


全体的に暗めの演出で、大きな動きはあまりないですが、
アル・パチーノが好きな人は観て置いて損はないでしょう。


ヴェニスの商人 [DVD]



評価:★★★★☆

posted by ジュン at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

不都合な真実(An Inconvenient Truth)

不都合な真実.jpg


【不都合な真実(An Inconvenient Truth)】


先日オーストラリアでの山火事がおきた原因といわれる
地球温暖化(グローバルウォーミング)。世界各国で起きている
異常気象に警笛をなげかける元米副大統領のアル・ゴアの作品。


アル・ゴア氏が地球温暖化に取り組んできた活動を
彼のストーリーや公演の様子をを交えながら、
地球温暖化についてを分かりやすく解説してくれる
ドキュメンタリー映画です。



第79回アカデミー賞において長編ドキュメンタリー映画賞・
アカデミー歌曲賞を受賞した作品でもあり、
この映画を契機に、環境問題の啓発に貢献したとして
ゴアのノーベル平和賞授与が決定した作品でもあります。



それだけ彼の今までの調査や洞察力が映画にもうまく
現れていて、そしてアニメやユーモアをとり入れながら
できるだけ分かりやすく地球温暖化について解説を
しているので、この問題を知るにはもってこいの
入門映画のようなもの。


これを観れば、地球温暖化についてより詳しくなります。



不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]



評価:★★★★★

posted by ジュン at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

バンディッツ

バンディッツ.jpg


【バンディッツ】

ブルース・ウィルスが今度は強盗犯に!?
笑いどころがいっぱいのクライムロードムービーと
いう感じの『バンディッツ』はブルースのいろんな
側面を楽しめます♪

ブルース・ウィルスの相棒は『イーグル・アイ』に出演した
ビリー・ボブ・ソーントンにヒロイン役には現在公開中の
『ベンジャミン・バトン数奇な運命』でブラッド・ピットの
相手役を演じているケイト・ブランシェット。


監督は、『ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ』の
バリー・レヴィンソン。


オレゴンの刑務所を一緒に脱走したジョー
(ブルース・ウィルス)とテリー(ビリー・
ボブ・ソーントン)の2人。

大胆な2人の行動で、華麗に銀行強盗を繰り返す2人の
前に現れたのは、平凡な生活に疲れた主婦ケイト
(ケイト・ブランシェット)。

彼女を仲間に引き入れて強盗をしながら旅する3人。

しかし、彼女の存在がやがて3人の仲に亀裂を
生じる原因になり、ジョーとテリーは危機に
瀕してしまう!

2人の運命は?そしてケイトはどうなったのか?

テンポのいいリズムで物語は進み、ところどころ
に笑いを絶妙に挟みながら観る者を引きつけます。


そして結末は思っていたのとは違う結末になること
請け合いです!!


あまりストーリーの裏を考えながら観るとつまらないので、
考えないで観るといいと思います。



バンディッツ(特別編) [DVD]



評価:★★★★★

posted by ジュン at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクション・アドベンチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

12モンキーズ

12Monkeys.jpg


【12モンキーズ】

人類が絶滅の危機の瀕している22世紀の未来から来た男を
ブルース・ウィルスが熱演!また、ゴールデングローブ賞の
助演男優賞を受賞したブラッド・ピットが共演している。


監督は『ブラザーズ・グリム』のテリー・ギリアム。


物語の大筋は、20世紀末にウィルスが爆発的に広がり、
人類の99%が死滅した未来からやってきた、
ブルース・ウィルス演じるジェームズ・コールが、
過去に戻り、ウィルスの広がりを阻止するというもの。


映画のタイトルでもある『12モンキーズ』は
その脅威のウィルスを散布したといわれていれる
団体の名称。


コールは過去に戻って、ウィルスの広がりを止めることが
できるのか!?


物語の見所としては、過去に戻って、過去の出来事に
干渉することでパラドックスがおこるのかどうかということ。


なんだかドラえもんの世界観に似ているような・・。


1996年に公開されたこの作品は、時空を行き来する
タイムトラベルサスペンスの形をとり、観ている人を
混乱におとしいれる事間違いなし!



12モンキーズ [DVD]



評価:★★★★★


posted by ジュン at 07:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | SF・ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

バベル

バベル.jpg


【バベル】

旧約聖書にでてくるバベルの塔の物語(「言葉が通じない」
「心が通じない」世界)題材に、世界中を舞台に物語が
展開していくヒューマンドラマ。


ブラッド・ピットとケイト・ブランシェット、
そして日本の俳優陣から役所広司と菊地凛子の2人が
出演して話題になりました。


2006年カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した作品。
2007年日本公開作品。


その監督は、『21グラム』をてがけた
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。


物語の舞台は、モロッコ、アメリカのカリフォルニア、
メキシコのティファナ、そして東京と移り変わり、
どれも接点がないように思えて、物語が進むにつれ
つながっていくという流れになっています。


いかに異なった文化、ことなった言語で心を通わせることが
難しいかを考えさせられると同時に、言葉の壁を越えた
心と心のつながりも考えさせられる作品だと思います。


全体的には、暗いイメージで、あまり大きな出来事も
起こらず、淡々と進みすぎるのがちょっとあれかな?


バベル スタンダードエディション [DVD]



評価:★★★★☆


posted by ジュン at 08:06 | Comment(0) | TrackBack(2) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

スナッチ

Snatch.jpg


【スナッチ】

ブラッド・ピットがパイキー訛り?の英語で
独特のキャラを演じる、ちょっと変わった手法の
クライム・ムービー「スナッチ」。


いちお主演は『トランスポーター』シリーズの
ジェイソン・ステイサムですが、他のキャラが
濃いので、誰が主演だかよく分からなくなります。


他にチェ・ゲバラの生涯を『チェ 28歳の革命』
『チェ 39歳 別れの手紙』で演じたベニチオ・デル・トロ、

他にも演技派俳優が揃い踏みで、それだけでも
見ていて興味深いです。


監督は、マドンナと結婚(のちに離婚)したことで
有名なガイ・リッチー

物語は、ロンドンの下町イースト・エンド。
86カラットのダイヤを巡って、マフィアから
宝石商、そして強盗団などが入り乱れての
争奪戦が始まります。


ダイヤは右に左にいろいろな人の手に移り渡り、
どこに言ったかもわからなくなる始末。


はたして誰が最後にそのダイヤを手にするのか?


そんな感じの展開です。

見所は、やっぱりブラピの演技ですかね。
そしてボクシングの場面も見ものです。
彼の引き締まった体は、やばいです!


そのブラピたちの「パイキー」たちの英語は聴いてて、
正直何言ってるか9割分からないです。
(映画の中でも、他の人は分からないって言ってたし)


ちなみに " snatch " とは、「ひったくる」という意味。



スナッチ デラックス・コレクターズ・エディション [DVD]



評価:★★★★☆


posted by ジュン at 07:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクション・アドベンチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

セブン

Seven.jpg


【セブン】

七つの大罪をモチーフにした猟奇連続殺人事件に
ブラッド・ピットとモーガン・フリーマンが挑む、
サスペンス・サイコホラー傑作!

1995年公開にもかかわらず、いまだに
評価が高いのもうなずけるほどのできと、
2人の名演技。

ブラピの奥さん役には、『アイアンマン』に出演している
グウィネス・パルトロー(本作がきっかけで
ブラピの恋人となった)。そして殺人犯にはあおの有名
俳優が演じていますが、それは映画を観てのお楽しみ
(知ってる人も多いか?)。


監督は、『ファイトクラブ』や『ベンジャミン・バトン
数奇な人生 』でブラッド・ピットとタッグを組んでいる
鬼才デヴィッド・フィンチャー。


物語は華やかなイメージのニューヨークを、暗く
陰湿な大都会として映し出しています。

猟奇殺人事件を若手とベテランの刑事がコンビを
組んで事件の解決を目指すのですが、コメディな
タッチは一切なしの、結構えぐい映像満載です。



そしてエンディングは観ている人をぞっとさせ、
予想だにしない現実を見させられます。


実際、初めて観た後は、気分が悪くなりました・・・。


セブン プラチナム・エディション【初回限定生産】 [DVD]



評価:★★★★★


posted by ジュン at 08:31 | Comment(0) | TrackBack(2) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。