2009年12月31日

トゥモロー・ワールド



トゥモロー・ワールド.jpg

【トゥモロー・ワールド Children of Men】

人類が繁殖能力を失い、世界の国々が絶望に打ちひしがれている近未来を舞台に、ひとりの男が一掴みの希望を守るために命をかけて戦う大作SFサスペンス。


キャストは『クローサー』でゴールデングローブ賞 助演男優賞と英国アカデミー賞 助演男優賞を受賞したクライヴ・オーウェン。

共演に『ハンニバル』のクラリス役・ジュリアン・ムーア、『ラブ・アクチュアリー』のキウェテル・イジョフォーなど。

監督は『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』を手がけたアルフォンソ・キュアロン。


2006年公開。


時は2027年。

世界は出生率の低下により、ついに子どもが生まれない世界になってしまった。

世界は将来への希望を失い、多くの国々は力で抑圧してなんとか国家機能を保っていました。

そして舞台は政府と反政府組織との対立が激しいイギリス。

さらに事態は悪化し、世界最年少の青年がアルゼンチンで刺殺されたニュースにより人々は絶望の淵に。

そんな状態の中、政府官僚のセオ(クライヴ・オーウェン)は、ある日武装勢力に拉致されてしまいます!

しかし拉致したのはセオの元妻・ジュリアン(ジュリアン・ムーア)でした!

しかもジュリアンは反政府組織のリーダーでもあったのです!


彼女の要求は政府にコネがあるセオにある人物のために「通行証」を手に入れること。

通行証を手にれてジュリアンと合流するセオですが、検問所へ向かう途中暴徒の襲撃にあってしまいます!


彼は、ジュリアンは無事この危機を乗り切ることはできるのか?

そして危険を侵してまで通行証を手に入れなければいけなかった「ある人物」とは誰なのか?


さらに謎が深まっていくなか、さらに事態は予期せぬ展開に・・・!?


トゥモロー・ワールド=明日の世界は希望の世界なのか?絶望の世界なのか?



全体的には、銃撃戦などのアクションが多い映画でしたね。

また話の展開としても、ちょっと複雑でわかりにくい感じでした。


まあ、謎解き、アクションが好きな人、また『Vフォー・ヴェンデッタ』や『イーオン・フラックス』のような映画が好きな人はお勧めです!


トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション [DVD]

評価:★★★★☆

posted by ジュン at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | SF・ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

シュレック3



シュレック3.jpg

【シュレック3 Shrek3】

あの緑の怪物、シュレックが帰ってきた!今度はシュレックが王様になる!?またまたシュレックが、いつもの仲間たちと暴れまわるドタバタコメディアニメ映画!!


メインの声優は、『オースティン・パワーズ』シリーズの主演俳優マイク・マイヤーズ(日本語吹き替えはダウンタウンの浜田雅功)に、『私の中のあなた』のキャメロン・ディアス(日本語吹き替えは藤原紀香)。

そしていつもの仲間役には、『ドリームガールズ』のエディ・マーフィ(山寺宏一)、『デスペラード 』のアントニオ・バンデラス(竹中直人)。

そして歌手のジャスティン・ティンバーレイクも声優に挑戦してます。


監督は「シュレック」「シュレック2」で脚本を務めたクリス・ミラーが初監督。

2007年公開。


シュレック(マイク・マイヤーズ)とフィオナ姫(キャメロン・ディアス)は結婚後、遠い遠い王国で病に伏せるハロルド国王の下で、国王の代わりに国のことを任されることに。

そんな中、ハロルド国王が亡くなってしまいます。

そうなるとフィオナ姫の夫であるシュレックが次期国王なのですが、気ままな暮らしを望んでいたシュレックは、国王の死に際に他にも王位後継者がいることを聞き出します。

それは従兄弟のアーサー(ジャスティン・ティンバーレイク)。


国王になりたくないシュレックは、アーサーに代わりに国王になってもらおうと、いつもの仲間、ドンキー(エディ・マーフィ)と長ぐつをはいた猫(アントニオ・バンデラス)と彼を探す旅に出ます。


しかし、国王の座を求めているのも他にいます。


それはあおのチャーミング王子!

彼は今は役者として生計を立てていますが、王位をあきらめきれず、ついに悪の軍団を率いて王国を乗っ取ろうと画策しています!

また、フィオナ姫の妊娠も発覚!!


さて、シュレックは無事にアーサーを連れ戻し、チャーミング王子の妨害を阻止できるのでしょうか??



今回で『シュレック』も3作目ですが、ちょっと内容的は1・2作を超える感じではなかったです。

ただ、毎回のようにいろんなディズニーなどのアニメのキャラクターが登場するのは面白いですね。


他の映画のパロディも取り入れているのも、これまでの流れとは一緒です。

特に、白雪姫やシンデレラ、眠り姫などの格闘シーンはチャーリーズ・エンジェルを彷彿とさせます。


『シュレック』1・2を好きな人はやはり要チェックでしょうね。


シュレック3 スペシャル・エディション [DVD]


評価:★★★★☆

posted by ジュン at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

スウィート・ノベンバー



スウィート・ノベンバー.jpg


【スウィート・ノベンバー Sweet November】


キアヌ・リーブスとシャーリーズ・セロンが送る、甘く悲しいラブストーリー。物語を観ていくと、なぜタイトルが「スウィート・ノベンバー」か分かります。


主演キャストは『マトリックス』シリーズのキアヌ・リーブス、『モンスター』でゴールデングローブ賞 主演女優賞を獲得したシャーリーズ・セロン。

他に『ハリー・ポッター』シリーズのルシウス・マルフォイを演じているジェイソン・アイザックス、『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』の長男クラウス役を演じたリアム・エイケンなどが出演。


監督は『秘密の絆』のパット・オコナー。

2001年公開作品。


舞台はサンフランシスコ。

ネルソン(キアヌ・リーヴス)は、一流の広告会社に勤める敏腕プランナーだが、仕事にしか興味のない仕事中毒。


そんなネルソンの前に、免許の更新場で不思議なオーラを放つ女性が現れます。

彼女の名前はサラ(シャーリーズ・セロン)。

更新場でサラとちょっとした出来事があったネルソンは、サラに強引に付きまとわれ、私生活はめちゃくちゃ。


そんな折に、ネルソンは仕事での大失敗により職を失ってしまいます。


しかし、そんな彼に手を差し伸べたのは、他でもないサラでした。

そしてそれから2人の奇妙な関係が続き、ネルソンは徐々にサラに心を開いていくのですが、実はサラには、彼にいえない秘密を隠していました・・・。


2001年の作品ということもあり、キアヌ・リーヴスとシャーリーズ・セロンの若々しさがいい感じです。

特にサラを演じたシャーリーズ・セロンの演技に多くの男の人はキュンッ!とくること間違いなし。


脇役で出てくるオカマのチェズ役を演じたジェイソン・アイザックスが、『ハリー・ポッター』シリーズのドラコ・マルフォイの父役・ルシウス・マルフォイというのが驚きです。

キャラ全然違うし。


タイトルの『スウィート・ノベンバー』もおしゃれですね。

綺麗なサンフランシスコの町並みを中心に、2人の恋の物語が進んでいきますが、個人的にはラストはちょっとしっくりきません(観た人によって感じ方は違うとは想いますが)。


カップルで観るのにとても良い映画だと思います。


スウィート・ノベンバー 特別版 [DVD]


評価:★★★★☆

posted by ジュン at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

ノエル



ノエル.jpg


【ノエル NOEL】

クリスマスの夜にぴったりな心温まるハートウォーミングな物語。『ノエル』はクリスマス・イヴという特別な日に1人で過ごす人々に奇跡が訪れます。たぶんあなたのもとにも・・・。


キャストは、、『デッドマン・ウォーキング』でアカデミー主演女優賞を受賞したスーザン・サランドン、『それでも恋するバルセロナ』でアカデミー助演女優賞を受賞したペネロペ・クルス、『ワイルドスピード』シリーズのポール・ウォーカーなど有名俳優が共演。

また、脇を固める俳優に『リトル・ミス・サンシャイン』でアカデミー賞助演男優賞を受賞したアラン・アーキン、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』でアカデミー助演男優賞を受賞したロビン・ウィリアムズなど、豪華なキャストです。

監督は、『アナライズ・ミー』などで出演していた俳優のチャズ・パルミンテリ。

2004年公開作品。


物語の舞台はクリスマス・イヴのニューヨーク。

離婚経験のある出版社で働くキャリアウーマンのローズローズ(スーザン・サランドン)は、母が入院しているため、生活の殆どを仕事と家と病院を往復するだけという生活です。

そんなローズの献身的な介護にも、母はもはやローズが誰かも分からない状態。

母の前で気丈に明るく振舞うローズはクリスマス・イヴということもあり、意識の戻らない患者が寝ている隣の病室にも天使を飾ろうとします。

しかしその部屋には患者を見舞いに来ていた人がいて、ローズはその人と挨拶を交わします。



場所は変わってニューヨークのとある場所。

そこには結婚を控え、幸せの絶頂にいる美しい女性ニーナ(ペネロペ・クルス)がいます。

しかし、結婚式を間近に控えたニーナには、ひとつ気がかりなことが。

それは彼女の婚約者で警官のマイク(ポール・ウォーカー)の異常なまでの嫉妬心。

そしてイヴの夜に、マイクの勘違いでニーナの男友達を殴ってしまったことで、ニーナは激怒し部屋を飛び出し実家に戻ってしまいます。

そこで偶然にもローズに出会うニーナ。

2人は愛について語り合い・・・。



また、場所が変わってニューヨークのあるカフェ。

ニーナと喧嘩したマイクはカフェに立ち寄りますが、馴れ馴れしい店員アーティ(アラン・アーキン)に困惑してしまいます。

昔からの友人のように振舞うアーティに戸惑うマイクですが、なんとなく気になってしまう自分に気づきます。


そしてアーティからの衝撃発言で怒り出すマイク。

そこにニーナが現れ事態は悪化していき・・・。


そんな違った人生、問題を抱えた人たちの前でもクリスマス・イヴの夜に奇跡が訪れるのですが・・・。



人間ドラマであり、クリスマス・イヴのファンタジーでもあり、またラブストーリーでもあるというこの『ノエル』。


すこし『ラブ・アクチュアリー』にいたところもあるので、この映画が好きな人は『ノエル』も楽しめると思います。


ちなみに、ノエルとは、フランス語でクリスマスの季節や、歌(クリスマス・キャロル)のことですが、ここでは聖ノエルのことなんでしょうかね??


ノエル [DVD]

評価:★★★★★
posted by ジュン at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

ロック・スター



ロック・スター.jpg


【ロック・スター Rock Star】

ロックバンドの熱狂的なファンが、運命的にその超有名バンドのボーカルに抜擢!!そんなアメリカンドリームの素晴らしくも儚い夢物語を描き出しているのがこの映画『ロック・スター』。もし、突然あなたが人気バンドのボーカルになったらどうしますか??


メインキャストは、『ハプニング』のマーク・ウォールバーグに、テレビドラマ『フレンズ』のレイチェル役でブレイクしたジェニファー・アニストン。


監督は、『三銃士』のスティーブン・ヘレク。

実はエズゼクティブ・プロデューサーはジョージ・クルーニーです。

2001年公開作品。


クリス(マーク・ウォールバーグ)は昼間はコピー機のセールスマンをやりながら、「スティール・ドラゴン」の熱狂的なファンとしてこのバンドのコピーバンドのリードボーカルを務めています。

そんな折、彼はバンドのメンバーとのいざこざによりバンドを辞めさせられてしまいます。

しかし、運のいいことに、彼が愛してやまないバンド「スティール・ドラゴン」のコンサートの際に披露した歌声を買われ、なんとバンドのボーカルに大抜擢!!


これにより彼の人生は大きく変わっていきます。

毎日のように様々な地でコンサートツアーを行い、ファンが彼の歌声に熱狂し、夜はクレイジーのような夜が毎晩のように繰り広げられます。


そんな彼を支えていたのは、彼のガールフレンド・エミリー(ジェニファー・アニストン)。


急激な生活の変化に共に戸惑いながらも、ロック・スターの街道を突き進んでいくクリス。

彼はいったいどこに行き着くのだろう?

このままハッピーエンドで終わるのか?



物語的にはありえないスタートですが、面白いです。

多くの有名なロック・バンドがこの映画のような生活ではないでしょうが、ロック・スターの生活を垣間見れる気もします。


映画のはじめのほうとリンクしている部分がラストのほうででてくるのが興味深いですね。


そしてラストは結構いいです。


ロック・スター [DVD]

評価:★★★★☆
posted by ジュン at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

16ブロック



16ブロック.jpg


【16ブロック 16 Blocks】


ブルース・ウィリスが今度はちょっとやる気のないベテラン刑事を演じるクライム・サスペンス映画。証人を16ブロック先の裁判所へ送るという簡単な任務がとんでもない展開になる!?


メインキャストは、『ダイ・ハード』シリーズのブルース・ウィリス。

ほかに、『チョコレート』にも出ているラッパーであり俳優でもあるモス・デフ、『グリーンマイル』のデヴィッド・モース。

監督は『リーサル・ウェポン』シリーズのリチャード・ドナー。

2006年公開。


ジャック・モーズリー(ブルース・ウィリス)はニューヨークのベテラン刑事。

夜勤明けに、証人護送の仕事を上司から頼まれますが、まったく乗り気ではないジャック。

しかし簡単な任務だと強引に頼まれ護送依頼を受けることに。

この依頼を受けたことが、彼の人生を大きく変えるとも知らず。


ジャックの任務は16ブロック先の裁判所へある事件の証人で囚人のエディ(モス・デフ)を送ること。


それは簡単な任務に思えたことでしたが、彼がリカーショップに立ち寄ったことで事態は急変!!

エディの口を封じようとしたものたちが現れたから、さあ大変!

なんとかその追っ手から逃げ切ったジャックとエディのもとに、応援の要請で駆けつけた彼の相棒フランク(デヴィッド・モース)とその仲間たちですが、実はこの裏にはとんでもない事実が隠されていることに・・・。


果たして、ジャックは無事エディを裁判所に護送することができるのでしょうか?




ラストのほうは、けっこういい感じで期待を裏切ってくれます。


それにしてもモス・デフの話し方は聞き取りにくいったらありゃしなかった・・・。


16ブロック [DVD]

評価:★★★★☆

posted by ジュン at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンスアクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

ザ・マジックアワー



ザ・マジックアワー.jpg



【ザ・マジックアワー】

三谷幸喜の最新映画、それが『ザ・マジックアワー』です!誰にでもある『人生で最も輝く瞬間』」を意味するマジックアワーが、小さな港町・守加護(すかご)で起こる!?


キャストは、『涙そうそう』で日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞した妻夫木聡、三谷幸喜作品の常連、佐藤浩市に戸田恵子、『サイドウェイズ』主演の小日向文世、『西遊記』の深津絵里。

また、『釣りバカ日誌』シリーズの西田敏行や『アンフェア the movie』の寺島進、『キサラギ』の香川照之、『JIN-仁-』の綾瀬はるかに『水戸黄門』の格さんを演じた伊吹吾郎など多雨さんの有名な俳優が登場してます。

友情出演ぽく、中井貴一、天海祐希、谷原章介や鈴木京香なども出演。


監督・脚本は、『古畑任三郎』シリーズや『THE 有頂天ホテル』の三谷幸喜。


小さな港町・守加護(すかご)でクラブ「赤い靴」の支配人・備後登(びんご のぼる)(妻夫木聡)は、実は地元のマフィア「天塩商会」のボス・天塩幸之助(てしお こうのすけ)(西田敏行)の目を盗んで、幸之助の愛人・高千穂マリ(深津絵里)に手を出していました。


それを知った幸之助は激怒して備後を事務所に呼び出し、命を助ける代わりに幻の殺し屋・デラ冨樫を探し出してくるように言われます。

しかし、そんな殺し屋なんて備後はする由もありません。


そこで大胆な計画を立てるのです!

それが売れない俳優・村田大樹(佐藤浩市)を替え玉にすること!

何にも知らない大樹をまんまと騙してデラ冨樫に仕立て上げますが、そこから予期せぬことの連続!!


騙し合いの連続で、備後はもうパニック!!

街中が混乱状態!


さあ、どうする備後?

どうするデラ冨樫?



もう三谷ワールド全開です。

佐藤浩市の演技がお腹を抱えて笑えます!


ただ何も考えず、観て笑って楽しめる最高のエンターテイメントです!



ザ・マジックアワー スペシャル・エディション [DVD]

評価:★★★★★

posted by ジュン at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | コメディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。