2010年04月30日

ドリームガールズ


ドリームガールズ.jpg


【ドリームガールズ Dreamgirls(2007)】

アメリカのアイドルオーディション『アメリカンアイドル』で一躍有名になったジェニファー・ハドソンや、歌手のビヨンセ・ノウルズが主演の映画で、ミュージカルの『ドリームガールズ』が原作。


キャストは『Ray/レイ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したジェイミー・フォックス、『アメリカンアイドル』で一躍有名になったジェニファー・ハドソン、デスティニーズ・チャイルドのビヨンセ・ノウルズ、『ナッティ・プロフェッサー』などの映画で有名なコメディスターのエディ・マーフィ、『リーサル・ウェポン』シリーズのダニー・グローヴァー、『プリンセスと魔法のキス』で声の主演を務めるアニカ・ノニ・ローズなど。


監督は『愛についてのキンゼイ・レポート』を手がけたビル・コンドン。



<ストーリー>
「1962年。デトロイトのヴォーカルトリオ「ドリーメッツ」は音楽業界に打って出ようとしている野心家・カーティス(ジェイミー・フォックス)にスカウトされた。彼女たちはソウル界のローカルスター、ジミー・アーリー(エディ・マーフィ)のバックコーラスとしてツアーに参加するようになる。だが一番の歌唱力を誇るエフィー(ジェニファー・ハドソン)はいつまでも脇役でいることに不満だった。マネージャーのマーティー(ダニー・グローヴァー)を追い出したカーティスはドリーメッツを独立させて売り出そうとする。その名も「ザ・ドリームズ」として。ようやくリードシンガーになれると思ったエフィーだが、カーティスはディーナ(ビヨンセ・ノウルズ)をリードにする決断を下した。・・・」
(goo映画より)



黒人のレコード・レーベル、モータウンの伝説的な黒人女性グループスプリームスのメンバー、ダイアナ・ロス、メアリー・ウィルソン、フローレンス・バラードがモデルというこの映画、『ドリームガールズ』ですが、彼女たちを演じる女優さんたちも一流!

でも、映画の中盤まではエディ・マーフィが演じるジミーやジェイミー・フォックス演じるカーティスの方がメインな感じでした。

まあ、全体的に歌が中心なので、ミュージカル系が好きな人は絶対はまるはず!

そして歌はけっこう鳥肌モノです。


ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]


評価:★★★★★

posted by ジュン at 20:01 | Comment(5) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。