2010年02月04日

フラガール


フラガール.jpg


【フラガール (2006)】

今あるスパリゾートハワイアンズは、彼女たちが作り上げたもの。実話をもとにしたフラダンスのショーを福島県で成功させた感動サクセスストーリー。


主演は、現在公開中の『おとうと』に出演中の蒼井優、『デトロイト・メタル・シティ』で奇抜な演技を披露していた松雪泰子。

ほかに『アキレスと亀』の徳永えり、南海キャンディーズのしずちゃんこと 山崎静代や、岸部一徳、豊川悦司、富司純子、高橋克実などのベテラン俳優も登場。


監督は主演妻夫木聡、脚本宮藤官九郎の『69 sixty nine』を手がけた李相日。



<ストーリー>
「昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。“求む、ハワイアンダンサー"の貼り紙を見せながら、ここから抜け出す最初で最後のチャンスだと、早苗(徳永えり)は紀美子(蒼井優)を誘う。男たちは、数世代前から炭坑夫として、女たちも選炭婦として鉱山で働いてきた。だが今や石炭から石油へとエネルギー革命が押し寄せ、閉山が相次いでいる。この危機を救うために炭鉱会社が構想したのが、レジャー施設「常磐ハワイアンセンター」だった。・・・」(goo映画より)



映画全体を通して、蒼井優の演技が光ってました。

また、松雪泰子のフラダンスもけっこう感動するくらいうまかったです。

実話をもとにした映画なので、内容的には地味は地味ですが、当時の名称だった常磐ハワイアンセンターからスパリゾートハワイアンズに改名したこの地が再びブームになったのは、この『フラガール』のおかげらしいですね。


女の子たちの友情、そして挫折から成功までのストーリーは、内容がわかっていても泣けてきます。

ラストの蒼井優のソロダンスは美しく、圧巻でした。


第30回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品。


フラガール メモリアルBOX [DVD]


評価:★★★★★

posted by ジュン at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。