2010年02月15日

プラダを着た悪魔


プラダを着た悪魔.jpg


【プラダを着た悪魔 THE DEVIL WEARS PRADA(2006)】

ファッション、恋愛、そして仕事に打ち込む女性に送る、ニューヨークで頑張る女性を描いたドラマ。アン・ハサウェイの演技は男女ともに共感がもてるのもグッド!


主演は2010年2月12日公開の『バレンタインデー』に出演しているアン・ハサウェイ、そしてアカデミー賞常連のメリル・ストリープ。

他に『ナターシャの歌に』のエミリー・ブラント、現在公開中の『ラブリーボーン』に出演のスタンリー・トゥッチ、『L.A.コンフィデンシャル』のサイモン・ベイカーや『ジャスティス』のエイドリアン・グレニアーが出演。


監督は『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』を手がけたデヴィッド・フランケル。



<ストーリー>
「大学を卒業し、ジャーナリストを目指してニューヨークにやってきたアンディ(アン・ハサウェイ)。おしゃれに興味のない彼女が向かった先は、全世界の女性が憧れる一流ファンション誌、ランウェイの編集部。彼女は意外性を買われ、カリスマ編集長、ミランダ・プリーストリー(メリル・ストリープ)のジュニア・アシスタントとして働くことに。だがそれが地獄の始まりだった。早朝からシニア・アシスタントのエミリー(エミリー・ブラント)に叩き起こされ、ミランダには高度な要求を次々と命令される。・・・」(goo映画)



とにかく、映画全般を通してアン・ハサウェイが可愛かったです。

もちろん演技も良かったですが、演技としてはメリル・ストリープの「ランウェイ」編集長のミランダがとにかくすごかった。

演技だとわかっていても、彼女の行動や言動が腹立たしくなりました(苦笑。


内容的には、ファッション業界の裏が描かれていて興味深かったです。

いろいろな洋服やファッションについての内容も語られてます。

そしてお決まりのようにゲイのデザイナーなども登場。


ラストは思いがけない内容に!?


「ヴォーグ」のカリスマ編集長アナ・ウィンターが作中に登場する編集長ミランダのモデルであるという噂もあるというのが面白いです。


っていうか、ミランダみたいな人が本当にいるんだ・・・。



プラダを着た悪魔 (特別編) [DVD]

評価:★★★★☆

posted by ジュン at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141230715

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。