2010年03月08日

21グラム



21グラム.jpg



【21グラム 21 Grams(2004)】


人の命の重さについて問うシリアスなドラマ。「21グラム」は成人の平均的な重さだとか。その21グラムが物語の中の人々の運命を決める。


キャストはこの映画でヴェネチア国際映画祭男優賞を受賞したアカデミー主演男優賞受賞のショーン・ペン、『ザ・リング』主演でこの映画でアカデミー主演女優賞にノミネートされたナオミ・ワッツ、そして『チェ』でチェ・ゲバラを演じカンヌ国際映画祭男優賞を受賞し、この映画でもアカデミー助演男優賞にもノミネートされたベニチオ・デル・トロ。


監督は『バベル』でカンヌ国際映画祭の監督賞を受賞したアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。



<ストーリー>
「ニューメキシコ。ある日、クリスティーナ(ナオミ・ワッツ)に不幸な知らせが届く。夫と娘がトラックに轢き逃げされたのだ。悲しみの余り脱力したクリスティーナは、やめていたドラッグにまた手を出してしまう。そのトラックの運転手は、信仰に没頭することで人生をやり直そうとしている前科者のジャック(ベニシオ・デル・トロ)。とっさに逃げた彼だが、・・・」
(goo映画より)


内容的にはかなり重いです。

また、ストーリーの展開がけっこう複雑なので、内容を追うのが大変かもしれません。


もちろんアカデミー賞にノミネートされたり、カンヌで賞をとったりした作品ですが、シリアスなドラマが苦手な人はちょっと辛いかも。


しかしながら、ショーン・ペンとベニチオ・デル・トロの演技が最高です。


21グラム [DVD]


評価:★★★★☆

posted by ジュン at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143098916

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。