2010年03月29日

そのときは彼によろしく


そのときは彼によろしく.jpg



【そのときは彼によろしく(2007)】


かつての幼馴染が大人になって再び再会し、再び運命の歯車が動き始めるラブストーリー。長澤まさみの魅力が詰まった作品でもあります。


キャストは、『涙そうそう』の長澤まさみ、『手紙』の山田孝之、『木更津キャッツアイ』シリーズの塚本高史。

ほかに、『感染列島』の国仲涼子、『花のあと』の北川景子、また和久井映見や小日向文世なども出演。


監督は、『ROOKIES〜卒業〜』の監督平川雄一朗。



<ストーリー>
「かつて、滝川花梨・遠山智史・五十嵐佑司の三人は、小さな湖畔の廃バスを秘密基地に遊びまわっていた。水草が大好きだった智史は水草屋の店長になることが夢で、絵が得意だった佑司は画家、両親の顔も知らない花梨は智史と佑司の夢に寄り添うように水草屋の看板娘と画家のモデルになることが夢だと言って、将来を誓い合っていた。それぞれの事情で離れ離れになった13年後。幼なじみと誓い合った夢だったアクアプランツ(水草)の店・トラッシュを開店した智史(山田孝之)のもとに、ある日突然、トップモデルの森川鈴音(長澤まさみ)がやってくる。・・・」



長澤まさみの、少し大人になった感じが見れる作品になってます。

幼いイメージから、大人な長澤まさみに変化した感じです。


内容的には恋愛映画ですが、過去の幼馴染の内容も絡んでくるので、ノスタルジックな感じも味わえます。

ただ、話が進んでいくと、ただたんの恋愛映画というよりは、複雑な感じになってきます。


ラストは好き嫌い分かれるかもしれませんが、個人的には好きです。



そのときは彼によろしく スタンダード・エディション [DVD]


評価:★★★★☆

posted by ジュン at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(1) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

そのときは彼によろしく : ファンタジーだなぁ
Excerpt:  埼玉県警で、公判日を忘れ被告護送せず中止になったとのこと。何をやっているんだというよりも、こんな不思議なこともあるんだなと、逆に感心してしまいました。本日紹介する作
Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
Tracked: 2012-11-01 17:21
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。