2009年06月22日

宇宙戦争

宇宙戦争.jpg




【宇宙戦争】


もしも本当に宇宙人が地球に侵略してきたら、
あなたはどうしますか?戦いますか?逃げますか?
それとも他の選択肢を選びますか?そんな問いを
求める映画がこのトム・クルーズの『宇宙戦争』です。


主演はトム・クルーズ。そして彼の子ども役に
『アイ・アム・サム』で日本ではブレイクした
ダコタ・ファニング。そして『テイキング・ライブス』
に出演していたジャスティン・チャットウィンが務めます。


監督はエンターテイメントの巨匠、スティーヴン・スピルバーグ。



物語のスタートはレイ(トム・クルーズ)の住んでいる
ニューヨーク周辺から始まります。

彼のもとには、別れた妻との間の二人の子供、息子のロビー
(ジャスティン・チャットウィン)と娘レイチェル
(ダコタ・ファニング)が訪れます。

しかし、レイは彼らとはちょっとそりが合わず、
うまくやっていけていない様子。


そんな家族の住む街に何の予兆もなく嵐が発生し、
地上を貫くような雷がとどろきます。


近くに落ちた雷を観にいったレイは、そこである
異変に気づき・・・。


そこから出てきたのはなんと巨大な謎の乗り物!
それはところかまわず攻撃を始め、街はパニックに!


そしてその謎の乗り物は世界中に出現し、世界は
大きな混乱の渦に!


それは地球外生命体の乗り物、宇宙人が操る
地球を征服するためのものだったのです!


絶体絶命の地球人!


ここに地球人VS宇宙人の『宇宙戦争』が始まる・・・。



こんなストーリーで、タイトルも『宇宙戦争』と
ありますが、よくある宇宙人の侵略映画とは違います。


まずトム・クルーズ演じる主人公のレイはだめだめの
親父です(苦笑)。

彼の子どもたちとはうまくいかず、宇宙人とは
戦う気はさらさらありません。


ただ、この映画のテーマはそこだと思います。


戦うことがすべてなのか?


家族を守り、危険から逃げることもひとつの
選択肢ではないのか?


映画の中でも、その点に焦点を当てています。


今までのような勇敢に宇宙人に立ち向かう主人公では
なく、逃げまくる主人公レイですが、それはそれで
けっこう勇敢な姿に描かれています。


ダコタ・ファニングがちょっと変わった子の役を
していますが、彼女の叫び声が多くて、そこは
すこしげんなりしましたが。



宇宙戦争 [DVD]




評価:★★★★☆


posted by ジュン at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクションホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

アイ・アム・レジェンド

【アイ・アム・レジェンド】


ウィル・スミス主演のアクションスリラーー映画。
監督は、キアヌ・リーブス主演の『コンスタンティン』のフランシス・ローレンス監督。


2007年末から上映中ですが、先週観て来ました。

原作のリチャード・マシスンの名作「アイ・アム・レジェンド」や、過去の作品(この映画はリメイク)は
観ていませんが、映画を観た後、原作を読みたくなってしまいました。


内容としては、ある出来事により、人類が絶滅の危機に瀕する。それを、たぶん唯一に生存者である、
ウィル・スミス演じるネビルがひとりニューヨークで人類の再生を賭け、戦うというもの。

ニューヨークの変貌が意味深く、多分人間がいなければ、世界はこんな感じなのかもしれないと思わせる
映像が随所に見られ、地球に生きる人間としての責任を暗に問いているように思えました。


また興味深いのが、ネビル(ウィル・スミス)がただ一人の人間だろうということと、その孤独の恐怖から
かろうじて救ってくれる愛犬の存在。そのぎりぎりの状況を見事に演じているウィル・スミスの演技が
目を見張りました。


ただ、矛盾点(というか、理解できなかった点)がひとつだけあり、そしてそのひとつが
映画の中での大きなターニングポイントになっていたのが個人的にはちょっと残念でした。

それを除けば、全体的に話の流れ、演技などとても素晴らしいと思いました。
大きなスクリーンで観るとより入り込める、そんな映画でした。


アイ・アム・レジェンド 特別版(2枚組)

評価:★★★★★


posted by ジュン at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | アクションホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

バイオハザードIII

やっと、「バイオハザードIII」を観てきた感想です(笑)

前作の「バイオ〜II」の最後にミラ・ジョボビッチ扮するアリスが
超能力らしきものを使ったのを覚えているでしょうか?

そうです。最新作では、超能力全開です!!!

いろんな場面で、


「おいおい!?これも超能力で解決かい!!」

と突っ込みたくなるとこもあり、

「超能力使えんだったら、ここでも使えよ!!」

と突っ込みたくなります(苦笑)


今回もストーリーはあってないに等しいです。
アクション満載、ゾンビいっぱい(笑)
人もドンドン死んできます。

そして、かまれたらゾンビ化するのは全2作で学んでるはずなのに、
今回も同じようなことが起こります。

不必要な脅かしの大きな音。

単純に1・2作目を超える期待はありませんでした。


バイオハザードIII デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)

評価:★★☆☆☆


posted by ジュン at 10:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクションホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

バイオハザードII

今回は

「バイオハザードII」

の紹介。

この間、テレビでもやってましたね。



話としては、バイオ〜1の続きから。

今回もセクシーミラ・ジョボビッチ登場!!

Yheah!!!!!!!


今回もやっぱり

ポチッ!!

と。

そして前回と同じく、えぐい犬も登場です。

そして色々な人が出てきては
ドンドン死んでいきます・・・。

なんかもう、この辺になってくると誰が最後に残るのか
推理し始めてしまいます(笑)

話の筋としては、ゾンビ化した街ラクーンシティからの脱出。
途中でいろいろアクシデントがあるけど、
大まかな話はこれだけです・・・。

今回もアクションいっぱい。単純な痛快アクション映画だと思えば結構楽しめます。


で、


評価:★★★☆☆

前回のほうがよかったと思う。

次回は ついに「バイオハザードIII」を紹介!!!



posted by ジュン at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクションホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

バイオハザード

最近は、映画の批評が辛口が多くてすごいですね。(ピー○さんとか)

なんで、映画好きが講じて1週間に2本ぐらいは映画を見る、
私、ジュンが甘口コメントで映画の批評をしていこうかな?と。

1発目としては、先々週に観てきた

「バイオハザードIII」

と思ったんだけど、その前に

一番初めの

「バイオハザード」をちょろっと紹介!!

ミラ・ジョボビッチのセクシーさに目を奪われました!!

だって、ポチって!!ポチって!!

いいのかよーー!!みたいな(笑)

元はゲームなんで、そのままの流れを引き継いで多彩なアクション!!

そして、不必要なほどの大きい音(笑)


ドン!!

バン!!

キャーー!!

みたいな。

映像、ストーリー共にシリーズの中では一番かもしれない。


評価:★★★★☆

次回は「バイオハザードII」を紹介ーーー


バイオハザード〈廉価版〉

posted by ジュン at 16:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクションホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。