2010年03月29日

そのときは彼によろしく


そのときは彼によろしく.jpg



【そのときは彼によろしく(2007)】


かつての幼馴染が大人になって再び再会し、再び運命の歯車が動き始めるラブストーリー。長澤まさみの魅力が詰まった作品でもあります。


キャストは、『涙そうそう』の長澤まさみ、『手紙』の山田孝之、『木更津キャッツアイ』シリーズの塚本高史。

ほかに、『感染列島』の国仲涼子、『花のあと』の北川景子、また和久井映見や小日向文世なども出演。


監督は、『ROOKIES〜卒業〜』の監督平川雄一朗。



<ストーリー>
「かつて、滝川花梨・遠山智史・五十嵐佑司の三人は、小さな湖畔の廃バスを秘密基地に遊びまわっていた。水草が大好きだった智史は水草屋の店長になることが夢で、絵が得意だった佑司は画家、両親の顔も知らない花梨は智史と佑司の夢に寄り添うように水草屋の看板娘と画家のモデルになることが夢だと言って、将来を誓い合っていた。それぞれの事情で離れ離れになった13年後。幼なじみと誓い合った夢だったアクアプランツ(水草)の店・トラッシュを開店した智史(山田孝之)のもとに、ある日突然、トップモデルの森川鈴音(長澤まさみ)がやってくる。・・・」



長澤まさみの、少し大人になった感じが見れる作品になってます。

幼いイメージから、大人な長澤まさみに変化した感じです。


内容的には恋愛映画ですが、過去の幼馴染の内容も絡んでくるので、ノスタルジックな感じも味わえます。

ただ、話が進んでいくと、ただたんの恋愛映画というよりは、複雑な感じになってきます。


ラストは好き嫌い分かれるかもしれませんが、個人的には好きです。



そのときは彼によろしく スタンダード・エディション [DVD]


評価:★★★★☆

posted by ジュン at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(1) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

ストーリー・オブ・ラブ


ストーリー・オブ・ラブ.jpg



【ストーリー・オブ・ラブ The Story of Us(1999)】

結婚して子どもも2人いる夫婦の、どこの家庭でも起こりそうな夫婦の、家族の危機を描いたコメディ。ブルース・ウィリスとミシェル・ファイファーの夫婦役がなんだかぴったりです。


キャストは『ダイ・ハード』シリーズのブルース・ウィリス、『ラブ・フィールド』でアカデミー主演女優賞にノミネートされたミシェル・ファイファー。


監督は『スタンド・バイ・ミー』の監督ロブ・ライナー(出演もしてます)。



<ストーリー>
「作家のベン(ブルース・ウィリス)とクロスワードパズルの作成者のケイティ(ミシェル・ファイファー)の夫婦は結婚して15年の夫婦。ふたりの子供ジェイクとエリンをサマーキャンプに送り出し、試験的に別居生活を始めたふたりはお互いに結婚生活を振り返る。作家とその秘書として出会ったふたりはやがて結婚、子供にも恵まれたが今はお互いうっとうしいだけ。ベンは57年間を共に過ごして5人の子供を育てた祖父母をモデルに究極のラヴストーリーを書こうとするが、下調べをするうちに祖父母も結局のところ理想の結婚ではなかったことに気づく。・・・」
(goo映画より)



少し昔風に言うと

「仮面夫婦」

子どもの前では仲の良い夫婦を演じるも、いなくなるといがみ合うばなり。

そして子どもたちはそんな2人に気づいてる子どもたち。

そんな家族をリアルに見せる演技の2人がすごいです。


ラストもいい感じです。


ストーリー・オブ・ラブ 特別版 [DVD]


評価:★★★★☆
posted by ジュン at 18:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

赤いアモーレ


赤いアモーレ.jpg



【赤いアモーレ Non ti muovere(2004)】


スペインの美女、ペネロペ・クルス主演のイタリア映画。2004年イタリア・アカデミー賞(ドナテロ賞)最優秀主演男優賞、最優秀主演女優賞を受賞したラブストーリー作品。


キャストは『それでも恋するバルセロナ』でアカデミー助演女優賞を受賞したペネロペ・クルス。

また共演は『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子のつのぶえ』のセルジオ・カステリット。


監督はこの『赤いアモーレ』でも出演している『マーサの幸せレシピ』を手がけたセルジオ・カステリット。



<ストーリー>
「バイク事故を起こした少女が病院に担ぎ込まれた。同じ病院で外科医をする彼女の父ティモーテオ(セルジオ・カステリット)は、娘が瀕死だと聞いて愕然とし、ふと15年前に失った愛の出来事を思い出し始める。ある夏の日、ローマ郊外の貧しい町で、往診の帰りに車の故障に見舞われたティモーテオは、そこに住むイタリア(ペネロペ・クルス)と運命の出会いを果たす。最初は衝動的にイタリアを抱いたティモーテオだが、・・・」
(goo映画より)



不倫を扱う映画に多いように、この『赤いアモーレ』もどこか背徳感や哀愁がただよう雰囲気があります。

そして熱烈な愛の模様が繰り広げられます。

ペネロペ・クルス扮するイタリアがティモーテオに抱かれる場面は、けっこう衝撃的です。

作品の中で綺麗なペネロペと、老けていくペネロペの両方が見れるのもなんとも言えない感じですね。



そしてこのイタリア男、ティモーテオ、イタリアを選ぶのか、妻を選ぶのか?

どちらを選んでもハッピーな結末は生まれなそうな・・・。


赤いアモーレ [DVD]


評価:★★★★☆

posted by ジュン at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

きみに読む物語

きみに読む物語.jpg



【きみに読む物語 The Notebook(2004)】

これほどまでの献身的な愛を今まで見たことがない。自分はここまで人を愛することができるだろうか?そんな風に考えさせられるラブストーリーがこの『きみに読む物語』。



キャストは、『ラースと、その彼女』の主演俳優ライアン・ゴズリング、3月12日公開予定の『シャーロック・ホームズ』に出演するレイチェル・マクアダムス、そして『ブロークン・イングリッシュ』のジーナ・ローランズ、『マーヴェリック』のジェームズ・ガーナー。


監督は、『私の中のあなた』を手がけたニック・カサヴェテス。



<ストーリー>
「とある療養施設に暮らす初老の女性(ジーナ・ローランズ)は、アルツハイマー病によって過去の思い出を失ってしまっている。そんな彼女のもとに、デュークと名乗る男性(ジェームズ・ガーナー)が定期的に通って、とある恋の物語を読み聞かせてやっている。1940年、ノース・カロライナ州シーブルック。家族とひと夏を過ごすためにこの土地にやってきた良家の子女、17歳のアリー・ハミルトン(レイチェル・マクアダムス)は、材木工場で働く地元の青年ノア(ライアン・ゴズリング)と恋におちる。しかし・・・」
(goo映画より)



過去を回想する場面のノアとアリーの恋愛模様はなかなかありえない感じですが、波乱万丈な2人の人生がハラハラドキドキさせられます。


また、アルツハイマーの女性に物語を読むデュークの献身的なサポートが心打たれます。


物語が進んでいくうちに、徐々に内容が明らかになっていきますが、同時に感動の度合いも増していく、そんな映画でした。


愛する人と一緒に観ると、2人の中がより深まる映画でしょう。



ちなみに、最初ジェームズ・ガーナーがジャック・ニコルソンだと思ってしまいました(苦笑。


きみに読む物語 スタンダード・エディション [DVD]


評価:★★★★☆

posted by ジュン at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

砂時計


砂時計.jpg



【砂時計 (2008)】

ピアニストとしても活躍中の女優松下奈緒とリハウスガールの夏帆2人が主演をこなす、淡くはかない恋愛映画。この『砂時計』は芦原妃名子原作の同名のコミックがもとになっていますが、多少内容はかわっているよう。


主演は、『沈まぬ太陽』の松下奈緒と『うた魂♪』の夏帆。

夏帆が中高生時代の杏を、松下奈緒が大人になった杏を演じています。

ほかに『DIVE!!』主演の池松壮亮、NHK朝ドラ『純情きらり』の井坂俊哉、ドラマ『JIN-仁-』出演の戸田菜穂、かつてのトレンディ俳優風間トオルなども登場。


監督は『ホッタラケの島 〜遥と魔法の鏡〜 』を手がけた佐藤信介。



杏(夏帆)は両親の離婚を機に、母とともに母親の実家、島根の田舎町に引越してきます。

そこでは都会とは違った閉鎖的な社会が広がっており、杏は馴染むのに苦しんでいたが、近所にすむ大悟(池松壮亮)に声をかけられ、徐々に馴染んでいくように。

はじめは馴れ馴れしい大悟に不快な気持ちをもっていた杏ですが、大悟の気さくで明るい性格に惹かれていきます。


一方、離婚をして実家に戻ってきた杏の母、美和子(戸田菜穂)は、村に馴染めず、また母親の叱責や励ましなどに気をもみ、ついに倒れてしまいます。

そしてある夜中、美和子は外出しようとするところを見られた杏に

「散歩に行くだけだから」

と言い残し、姿を消してしまいます。


村を上げての捜索も、ついに美和子は遺体で発見されます。


母の自殺を止めることができなかった自分を責めながら、母の死にショックを受ける杏ですが、いつもそばて見守ってくれる大悟から


「俺がずっと一緒にいる」


と約束を交わします。


そして2人は付き合うようになるのですが、ある日東京に暮らしていた父が杏を引取りにきて、ついに杏は東京へ引っ越すことに。


杏と大悟の仲はどうなっていくのでしょうか?


物語の中ででてくる砂時計は映画のタイトルにもなっているように、重要な場面で登場します。


特に彼らの暮らしていた場所が、巨大な砂時計がある仁摩サンドミュージアムのある島根県だったり、物語の時間軸や、命の時間についてなどの比喩も含まれていると思います。


若々しい夏帆と池松壮亮の演技が、なんだかいい感じでした。


最後のあたりは、ちょっと強引な感じで進んでいったのが残念でした。


砂時計 スタンダード・エディション [DVD]

評価:★★★★☆

posted by ジュン at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(1) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

恋空


恋空.jpg



【恋空(2007)】

ケータイ小説のブームの火付け役にもなったのがこの『恋空』。漫画化、ドラマ化にもなり人気を博した。主演が新垣結衣というのも話題の一つだった。


主演は、『BALLAD 名もなき恋のうた』ヒロインの新垣結衣、そしてドラマ『ブラッディ・マンデイ』シリーズの主演を務めた三浦春馬。


ほかに『ROOKIES』の小出恵介、ドラマ『東京DOGS』の臼田あさ美、2010年公開の『BECK』出演の中村蒼、『山形スクリーム』の波瑠、そして香里奈や高橋ジョージなども出演してます。


監督は『オレンジデイズ』の今井夏木で、この『恋空』が映画監督デビュー。


至って普通の高校生活を送っていた美嘉(新垣結衣)。

ある日携帯を落としたことをきっかけに発信者不明のメールが届き、気づくとメル友状態に。

見えない相手に惹かれていく美嘉でしたが、その相手がちょっと恐いイメージのあった金髪の同級生ヒロ(三浦春馬)だとわかりショックを受けましすが、次第に2人は惹かれあい付き合うことに。


美嘉の親友アヤ(波瑠)と彼女の彼氏でもあり、ヒロの親友でもあったノゾム(中村蒼)と遊ぶうちに2人の仲は深まっていきました。


しかしそれを快く思っていない元カノ・咲(臼田あさ美)の嫉妬により男子生徒にレイプされてしまう美嘉。


2人の仲を裂こうと企んだ咲ですが、ヒロと美嘉の仲はより深まりついに2人は結ばれます。


その後もいろいろとありえないくらい波乱が2人を待ち構えていますが、なんとか乗り越えていきます。

しかし、突然ヒロが美嘉に別れをつげ、美嘉の前から姿を消してしまいます!


そんな傷心の美嘉の前に現れたのが、ヒロとは性格のまったく違う優(小出恵介)。

美嘉は優しい優に心惹かれていくのですが、どこかでヒロを忘れることができず、そしてなぜ別れなければならなかったのかがわからず心に迷いがあるなか、ヒロの衝撃の事実をしってしまい・・・!


新垣結衣の初々しい制服姿が眩しいです。


ストーリー的にはかなり強引ですが、要所要所で泣ける場面もあり、それなりの出来だと思います。

中学生や高校生がみるには面白いのかな?


ちなみに、この映画をきっかけに主演の新垣結衣と三浦春馬の2人が付き合いだし、現在は同棲しているという噂まであるので、その辺をふまえてみると、ちょっと違って見えるかもしれません。


恋 空 プレミアム・エディション(2枚組) [DVD]

評価:★★★☆☆

posted by ジュン at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

スウィート・ノベンバー



スウィート・ノベンバー.jpg


【スウィート・ノベンバー Sweet November】


キアヌ・リーブスとシャーリーズ・セロンが送る、甘く悲しいラブストーリー。物語を観ていくと、なぜタイトルが「スウィート・ノベンバー」か分かります。


主演キャストは『マトリックス』シリーズのキアヌ・リーブス、『モンスター』でゴールデングローブ賞 主演女優賞を獲得したシャーリーズ・セロン。

他に『ハリー・ポッター』シリーズのルシウス・マルフォイを演じているジェイソン・アイザックス、『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』の長男クラウス役を演じたリアム・エイケンなどが出演。


監督は『秘密の絆』のパット・オコナー。

2001年公開作品。


舞台はサンフランシスコ。

ネルソン(キアヌ・リーヴス)は、一流の広告会社に勤める敏腕プランナーだが、仕事にしか興味のない仕事中毒。


そんなネルソンの前に、免許の更新場で不思議なオーラを放つ女性が現れます。

彼女の名前はサラ(シャーリーズ・セロン)。

更新場でサラとちょっとした出来事があったネルソンは、サラに強引に付きまとわれ、私生活はめちゃくちゃ。


そんな折に、ネルソンは仕事での大失敗により職を失ってしまいます。


しかし、そんな彼に手を差し伸べたのは、他でもないサラでした。

そしてそれから2人の奇妙な関係が続き、ネルソンは徐々にサラに心を開いていくのですが、実はサラには、彼にいえない秘密を隠していました・・・。


2001年の作品ということもあり、キアヌ・リーヴスとシャーリーズ・セロンの若々しさがいい感じです。

特にサラを演じたシャーリーズ・セロンの演技に多くの男の人はキュンッ!とくること間違いなし。


脇役で出てくるオカマのチェズ役を演じたジェイソン・アイザックスが、『ハリー・ポッター』シリーズのドラコ・マルフォイの父役・ルシウス・マルフォイというのが驚きです。

キャラ全然違うし。


タイトルの『スウィート・ノベンバー』もおしゃれですね。

綺麗なサンフランシスコの町並みを中心に、2人の恋の物語が進んでいきますが、個人的にはラストはちょっとしっくりきません(観た人によって感じ方は違うとは想いますが)。


カップルで観るのにとても良い映画だと思います。


スウィート・ノベンバー 特別版 [DVD]


評価:★★★★☆

posted by ジュン at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。