2008年08月25日

ディープ・インパクト

DeepImpact.jpg


【ディープ・インパクト】

あのイライジャ・ウッド(ロード・オブ・ザ・リング)が
地球の危機に直面!!彼は地球を救うことができるのか!?

と言ってももちろん彼が地球を直接すくうわけでは
ありませんが、若き日の彼の演技が光ってます。


他のキャストも豪華で、『60セカンズ』や
『ゴッドファーザーPART II』などで名演技を披露している
ベテラン俳優ロバート・デュヴァル。そしてアメリカ
大統領役にモーガン・フリーマン。


監督は『ピース・メーカー』や『ペイ・フォワード』などを
手がけた女性の監督。
製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグ。


巨大隕石が地球に衝突することによって地球破滅の危機に
直面する人間の心情、様々なドラマを中心に描く
パニック映画の先駆けて的作品です。1998年公開。

のちに『アルマゲドン』や『ザ・コア』など地球の危機を
題材にする映画はありましたが、この作品が一番現実的な
気がしました。


物語は『アルマゲドン』と同じで、地球に隕石(彗星)が
衝突するという設定ですが、『ディープ・インパクト』の場合は
よりそのシチュエーションに翻弄される人間模様を中心に
描かれているのが特徴です。


人間が「人類最後の日」に直面した時、どのように
行動するのか、どう受け止めるのか、そんな描写が
細かく表現されていて、観ているこちらも引き込まれます。



もし、あなただったら「最後の日」をどう過ごしますか?


そんなことを考えながら観るとまた違った視点で
観ることができ、面白いと思います。


ディープ・インパクト スペシャル・エディション

評価:★★★★★

posted by ジュン at 09:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | パニックムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

デイ・アフター・トゥモロー

【デイ・アフター・トゥモロー】



今年春に公開された『バンテージ・ポイント』の出演していた
ダニス・クエイドが体を張って地球温暖化(寒冷化)に挑む
パニック・ムービー。


2004年公開のこの作品ですが、ちょうど地球温暖化が
深刻視され始めた時期なので、話題になりましたね。

監督はこれも春に公開された『紀元前1万年』の
ローランド・エメリッヒ監督。


内容は、至って単純です。

気候学者が地球温暖化による、新たな氷河期時代が到来する
かもしれないと危惧しますが、政府は取り合ってくれません。

よくありがちなパターンです。

そして、実際に危惧していたことが現実に。

超巨大なストームが世界を覆い、世界規模で深刻な
異常現象が勃発。日本もはじめのほうで、登場しますが、
なんかちょっと間違った日本のとらえ方をされているのは、
ハリウッドではいつものことなので、しょうがないでしょう。


そしてそんな中、主演のダニス・クエイドが演じる
ジャック・ホールがニューヨークに取り残されてしまった
息子を救出するために、ワシントンD・Cからニューヨークへ
出発するのであります・・・。


見所は、なんといってももしかしたら本当に近い将来
私たちの身に起きるかもしれないということ。
もし、自分がその状況に置かれたら、どう行動するか
考えながら観るとまた面白いでしょう。


デイ・アフター・トゥモロー


評価:★★★☆☆





ランキング参加中です!クリックしていただけると嬉しいです。

⇒ 映画評論・レビューブログランキング



posted by ジュン at 08:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | パニックムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

パーフェクトストーム

【パーフェクトストーム】



ジョージ・クルーニーが、大西洋に発生した大嵐
(パーフェクト・ストーム)に遭遇し、その苦闘を描いた
2000年に公開された実話を元にした海洋パニックムービー。

原作『パーフェクト ストーム 史上最悪の暴風に
消えた漁船の運命』を元に、「Uボート」
「エアフォース・ワン」などを手がけた
ヴォルフガング・ペーターゼンが監督。

マサチューセッツ州の小さな港町の漁師が遭遇した
歴史的大嵐(パーフェクト・ストーム)。物語はこの
ストームに遭遇した漁師やその友人・家族などの人間模様を
中心に、大嵐の恐怖を疑似体験するというようなもの。


このパーフェクト・ストームに遭遇する海の場面の
映像は迫力があり圧巻です。

物語の後半は、ずっとこのストームとの戦いですが、
人間味溢れるジョージ・クルーニーの演技がいいですね。

もちろんこの映画の見所は、このストームから無事
生還できるのか??ということ。

結末を知らない人は、手に汗握って楽しんで観れるんでは
ないでしょうか?



評価:★★★☆☆


パーフェクト ストーム 特別版




ランキング参加中です!クリックしていただけると嬉しいです。

⇒ 映画評論・レビューブログランキング






posted by ジュン at 08:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | パニックムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

クローバーフィールド/HAKAISHA 鑑賞後

映画の日に観に行ったので、1000円で観れました。
いつもは平日の夜は空いてるんですが、ちょっと
込んでました。週末よりはもちろん空いてますけど(笑)

【クローバーフィールド/HAKAISHA】

cloverfield

観て来ました、今話題の映画、クローバーフィールド。

賛否両論いろいろあるようですが、これも話題に
なっているからでしょうね。

それだけインパクトのある映画予告でしたし。


私の感想としては、前半はまあまあ、後半は無駄な
こと考えず映画を楽しめました。

ハンディカムでの映像手法にこだわっていたため、
結構見にくい部分がありましたし、「そこまで
リアルっぽく撮らなくても」と思うくらい、
わざとへたくそに撮影していたり。

ある意味、ちょっとは修正くわえてもいいんじゃないかな
と思ったくらい素人っぽさがでてました。


その分出だし5分はニューヨークの街並みを
うまく映し出していて、素のニューヨークが
映し出されている感じで良かったです。


が!パーティ部分でハッド(T・Jミラー)にハンディを
渡した時点から、ハッドがある意味メインで進んで
行くんですが、このハッド、いけてない・・・。
見た目もいけてないうえ、しゃべりもくだない。

その部分が15分くらい続くんで、そこはちょっと
うんざりさせれました。

でも物語が展開していくうちにどんどん映像に
はまってしまいました。

あまり多くを語れませんが、一番可愛かった
(個人的にですが)べス(オデット・ユーストマン)が
あまり出てこなかったことがちょっと残念です。


まあ、エンディングはいろいろといわれているようですが、
はじめから、終わりがけっこう予想できたので、
そんなに気になりませんでした。

続編もあるようですし、なにげにしっかりまとまっていて、
楽しめました。1時間半という短さもちょうど良かったかも。

ただ、タイトルの「クローバーフィールド」の意味が
なんだったのか気になります。


※調べたら、意味がわかりました。↓
Yahoo!智恵袋

評価:★★★★☆
posted by ジュン at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | パニックムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

クローバーフィールド Cloverfield

Cloverfield

今気になる映画の一つです。

アメリカでは1月18日に公開されるそうですが、

日本では春ごろの予定だそうです。

ニューヨークの大規模な破壊を描写したパニック・ムービーのようですが、

全貌は明らかにはなっていないようです。

ただ、監督が人気テレビドラマ「LOST」のJ.J.エイブラムスなので

面白い映画ではありそうです。

詳しくは公式ホームページを観てあなたが判断してください。


公式サイト
http://www.04-05.jp/



評価:未知数







JRank.gif

posted by ジュン at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | パニックムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。